Shota Shimizu – Tokyo (Fly Album)


[Verse 2]
奢ったり 奢られたり
とにかく走ってみたまっすぐ
何をしにこの街へきたのか
何処で何を前にしても
この街じゃ この夢は 静かに流されてしまうから
なんとなく俺も大人になって
情熱と冷静の中で 喧騒と静寂の中で
お前は調子どうだい
俺はこの街が好きになっていた
[Chorus]
どちらにせよ俯かないように
少し変わったこの街の眺め
この街で生きてくには少しの犠牲と腹くくんなきゃな

上手くいくとき いかないとき
ありがとう、じゃあな。
俺はただお前だけ求めてる
あんなに色々話したのに
あいつらと見た夢のリスタート
愛してるよ 愛してるのに こんなにも
誰もが何かを求めてる
1人ぼっち living in the Tokyo
1362万の孤独が染み付くアスファルトの上
美味かった 大したもんじゃないけど
Disりたい事もあるにはあるが
荷物はこいつだけ それは才能
俺はいつも俺で在りたい
スクランブルへ消えてった

でもまた会える日もそう遠くない
大事な事は結局言いそびれた

JR恵比寿駅 東口から
今日も今日を生きる為にあいつ
それが “TOKYO CITY” そうだろ?
バカやってたな一年中
お前もきっと変わってく
何度も味わっては立ち上がり
Yes we are…
1人ぼっち living in the Tokyo
渋谷 円山町の連中
もちろん忘れてないぜ兄弟
そんなとこで無駄に消耗すんな
苦しんで出した答えを今ラップする
[Verse 4]
あいつもきっと見てる東京の空
愛してるよ 愛してるのに こんなにも
此処じゃ腐ったってしょうがない
此処でもまだ訪れる別れ
徒歩5分 ボロボロのアパート
そう信じ火をつける HOPE LIGHTS…

みじめな気持ち
[Verse 3]

そしたら出会っちまった、すぐ
[Chorus]
忘れそうになるよ今もまだ
この街じゃ この夢は 静かに流されてしまうから
家族と離れ仲間と離れ
俺は変わってく
[Verse 1]
それは夢と現実のギャップ